数学の勉強について

薬学部を目指す学生さん達は、適当に薬の名前を覚えれば国家試験に受かると安易に考えている場合が多いです。

 

しかし、薬学はそもそも理系の分野ですので、当然数学の基礎は必須です。

例えば、反応速度論や薬物動態学では数学で理解しますし、物理化学や薬剤学は物理の応用なので、数学のセンスが必要です。

より具体的に言えば、『一日何錠薬を飲む』だとか『薬の使用期限』などは、厳密には数学を用いて計算します。

 

このように、薬学のあらゆる場面で数学を使用します。

薬学部で実施されている基礎数学などの科目をおろそかにすると、留年で一年を棒に振るといった単純な話ではなく、

進級した後、学年が上がっても相当苦労しますし、国家試験にも受からず浪人してしまう事もあり得ます。

 

ですので、少しでも早めに準備を進めておくことです。

それから、毎日勉強する事をお勧めします。

少しでも数学に触れて(例え30分でも)、頭を馴らしておく事が重要なのです。

 


物理の勉強について

実は私立大学の薬学部は、高校時代に理系数学や物理を履修していなくても合格できてしまいます。

ですが、薬学基礎科目での物理化学はもちろん、専門科目では薬剤学でも物理の基礎知識は必須です。

 

なので、薬学部でも物理の使用頻度は高いので、特に高校物理をやっていない学生が、 物理系の教科でつまづいて留年をしてしまう場合が非常に多いです。

 

 

薬学部の中ではこういった事態に対応するために、リメディアル科目と称して1年次から高校の内容までも教育している大学も少なくありません。もちろんその中には物理が含まれます。

 

ですが、一般に物理を勉強するには10代の頭の柔からさが必要とさてれます。

なので大学一年を19歳で迎えるとすれば、物理を学習するギリギリの年代かもしれません。

 

各大学で実施されている物理などの基礎科目をおろそかにすると、物理化学や薬剤学を理解できないだけでなく、仮に進級できたとしても、国家試験を突破できない可能性があります。なぜなら物理系の教科は暗記が通用しないからです。

ここが物理系薬学の最大の違いです。試験直前の詰め込みが効きません。

 

 

物理系の教科は常日頃から少しでも触れる事が大事です。

まずは毎日触れることから始めて、頭に物理的なイメージを定着させることを心がけましょう